So-net無料ブログ作成

20110311Tokyo Sunrise [朝焼け夕焼け Sunrise&Sunset]

P1000678s.jpg
2011.3.11 東京湾の日の出

 いや、本当はこの記事を復活第1弾にする予定で、書き始めていたのだけど、文章に悩んでいる内に転勤が決まり、ひとまずお蔵入りさせてしまいました。

 で、3周年のこの日に、日の目を見せる事にした訳です。

 この日、自分はたまたま出張で上京、かつ作業が伸びて、帰りの飛行機を遅らせた故、東京で体験しました。
 熊本に居れば、揺れさえも感じる事が無かった訳ですが、地球科学に携わる者、そして同じ東北(直接被害の無かった秋田ですが)の出身者として、末端ながらも体験出来たのは、、、、、何と言ったら良いのか分かりませんが、、、、他人事にならずに良かったのかも知れません。

 専門柄、地震についての知識は、普通の人より有るつもりでした。
 しかし、津波に関しては、、、正直ナメていました。
 それまでの地震の度にTVで流れる津波情報は、“狼が来たぞ”状態が多く、大津波など起きないと錯覚させられるものでした。奥尻で地震に遭った知り合いも居ますが、今一つイメージが湧きませんでした。インドネシアの大津波の映像を見ても、あの国だから、あんな被害になったのだと位に感じていました。恥ずかしい話です。
 あの日、都心に居た人が等しく体験した交通麻痺の翌朝、泊めてもらった会社の先輩の家のTVから流れるあの衝撃的な映像。。。こんな事が有るのか。。。。驚愕でした。 

 歳のせいで涙腺が緩んでいる事もあるのですが、今でも、あの津波の記事・映像に触れると、自動的に涙が出てきます。知り合いが亡くなった訳でもないのに。。。

 ブログ休眠中、早くブログを再開して、地震に関する薀蓄を語りたいと思っていたのですが、いざ書き始めると、何も書けません。。。

 兎にも角にも、あの津波で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 2

kismiee

津波を...と言うより、地球をナメるなよ...っていう警告でしょうか。
人類は、地球を粗末に扱い過ぎてきましたね。
あの時、職場で揺れには気付きもしませんでした。
阪神淡路大震災の時の恐怖は未だに忘れません。
涙腺が緩む気持ちも良く解りますよ。
kajinさんが使命と感じる事を、ここへ書き綴られる日が来ますように。
by kismiee (2014-03-15 19:03) 

Kajin

ちょっと違うかもしれません、kismieeさん。
地球にとって人間の活動なんて、蚊に刺された位も感じないでしょうし、人間に対して、どうしようって訳でもなく、刻々と物理的に動いてるだけです。
だから、その地球の動きを人間がどこまで理解・予測・対策出来るかだと思います。
阪神淡路の直前、関西(滋賀)出身の友達が言った一言を今でも、覚えています。「関西で大きな地震は起きない」。。。

by Kajin (2014-03-17 00:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。