So-net無料ブログ作成

Bo Bit Tet // Bistro version [Gourmet & Indoor]

 
P1030436C20WB280b.jpg
 
P1030432C20WB260b.jpg
 
 P1030427+10WB260C18b.jpg
 
 
BISTRO Menu.jpg 
 
また、どうでも良い記事です。
 
しかも店の様子等も撮ってないし。。
 
でも、まぁ、グラスワインも選べたし、
ステーキもリーズナブルだったし、
個人的には満足です。 
 
先週末のハノイでの夕食でした。
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青島再び [石・土・水・地球 Solid-Earth Lan]

DSC_6048-10fb.jpg
 
写真をクリックでフリッカーにとびます。
 
タイトル通り、青島リベンジバージョンです。
宿を宮崎市街地にしたため早朝撮影出来なかった事と、
大潮のため、ほとんど水中に没していた事で、
(しかもセンサー塵だらけ)
残念感満載で有ったため、
翌2013年夏に宿を青島に一番近いグランドホテルに取り、
(勿論家族サービスのためビーチ直近)
万全で臨みました。
 
でも、結局早く起きれず、日の出の時間には青島への橋も渡れていない始末。
おまけにすれ違った老夫婦に話しかけられ、
現場到着時は、結構な陽の高さになってしまっていました。
 
それ故、超逆光の中での撮影。
おかげで、海岸地形より上記リンク写真の砂岩の虫食い状風化に熱中してしまいました。
まぁ、この写真は自分的にかなりお気に入りでは有りますが。
 
そんな訳で、今年2015年夏、一時帰国時にまた行ってきました。
(青島自体かなりお気に入りです)
但し、今日現在未だRAWから現像していないので、
ここにアップするのはいつになるのやら。 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ローカル公園(庭園)? [Viet Nam Scenery]

前記事の結婚式の空き時間に暇を潰した公園です。
 
 P1010048b.jpg 
 
ベトナムのスワンは、はっきり言って怖いです! 
 
P1010052b.jpg
 
P1010055b.jpg
 
P1010058H-05b.jpg 
 
 P1010049b.jpg
 
上のカップルは、今回参加した結婚式の新郎新婦では有りません。
 
ベトナム人は、、、(だけじゃ無いかもしれないけど)、、、
こういった凝った結婚記念写真が大好きです。
季節になると、そこら中で、
人目もはばからず、やってます。
 
下にハノイオペラ座前での撮影風景を載せておきます。
まさしく人目をはばからずです。
 
P1000859b.jpg 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ベトナムの結婚式 [Viet Nam Scenery]

もう1年以上前になりますが、初めてベトナム人スタッフの結婚式に参加しました。
前にもここで結婚式を紹介しましたが、あれは厳密には前夜祭。
ベトナム人は(特に田舎は)、式の前後で盛大に宴会を繰り広げるので、
まぁ、似たようなものですが。。。。
 
また、都会は日本と同じくホテルやレストランで披露宴ってパターンも有るようですが、
田舎は基本“自宅”、それも新郎家・新婦家でそれぞれ開催。
 
 その田舎の自宅結婚式は、
基本、他人の迷惑を顧みず、道路又は歩道を以下のようにテントで占拠して行われます。
 
今回は、余り大きな道路では無かったのですが、
昨年国道1号線が工事中の時、車線を塞いでやっていた結婚式は、
はっきり言って迷惑以外の何物でも無かったです。
 
P1010044b.jpg 
 

今回は、新郎の故郷が、我々の居住地から遥か離れた場所(むしろハノイに近い)だったため、
バスを仕立てて、まる1日がかりの行程でした。
 
 上の新郎家のテントで取り敢えずちょっと飲み食いした後、
近くの公園(庭園?次回紹介します)で時間を潰した後、
新婦の迎えに招待客ごと移動。
 
飾りを付けた迎えの車、しばしば見かけます。 
 
 P1010064b.jpg
 
新婦の家はかなり田園風景の中。
ここでも待たされたので、田園風景の写真撮影で暇を潰す。
なかなかフォトジェニックな風景です。
 
P1010067b.jpg
 
P1010069b.jpg 
 
やっと始まりました。
 
P1010075Xb.jpg 
 
この語また、新郎側のテントに戻り、宴会再開です。 
 
P1010093b.jpg 
 
P1010094b.jpg
 
 
まぁ、1年以上経過してからのレポートですので、詳細忘れてる事に加え、
写真もブログを意識していなかったので、、、、
とてもレポートとは言えないような記事でした。 
 
失礼しました。。。
 
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジオラマ風 多分その2 [Viet Nam Scenery]

P1020502b.jpg
 
P1020500b.jpg
 
P1020503b.jpg
 
P1020509b.jpg
 
P1020511b.jpg
 
コンデジ(Pana Lumix SD-4)のジオラマ(ミニチュア)風機能で遊んでみました。
 
やはり、センサーが小さく被写界深度が深いコンデジでは、効果は今ひとつです。
 
多用すると飽きが来るけど、たまに遊んでみるのは良いものです。
 
しかし、近年のベトナムの家って、こう言うのに向いているような気がする。 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Chùa Phật Tích ファッティック寺 [Viet Nam Scenery]

DSC_8390-07fb.jpg
 
上の写真をクリックでフリッカーにとびます。
 
8月の終り頃にオフの写真クラブ主催の撮影会で、ファッティック寺なる所に行ってきました。
どんな所かはリンクを参照して貰うとして。。。。。
 
本来ネイチャー系が対象である自分にとって、
どちらかと言うと、興味を引かない対象だったのですが、
いざ撮り始めると、それなりに楽しむ事が出来ました。
 
とは言いながら、密かにネイチャーと言うか岩写真もちゃんと押さえています。
 
 
DSC_8386-07f.jpg 
 
これは、フリッカーでは、横アングルにしてるけど、本当はこれが正解です。
ただ、横にした方が迫力が有ったので。。
 
下の若い坊さんの写真は、
写真クラブの女性の方が見付けた被写体で、
暗いため撮るのに苦労して居られましたが、
そこは機材で解決する自分としては、明るいレンズで、横撮り(横取り)です。
 
DSC_8397+07f.jpg 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ベトナム散歩 [Viet Nam Scenery]

P1030345toyb.jpg
 
P1030351C21b.jpg
 
P1030354C21WB600b.jpg
 
P1030358C21WB600b.jpg
 
P1030362C21WB600b.jpg
 
P1030372toyb.jpg
 
P1030379C21WB600Sai30b.jpg
 
えぇぃ~ もう、タイトル考えるのも面倒くさい。
 
先週の週末、以前に紹介したBit tet屋の隣のBit tet屋に行ったのだけど、
その道すがら撮った写真です。
 
どれもフリッカーに投稿する程の写真じゃないので、
直接ここに貼り付けます。
 
4,5枚目のような、お祝いものが、たくさんの店で売っていたけど、
何が有るのだろう?
中秋の名月も終わったし、流石にクリスマスを含む年末年始には早いし。。。
 
編み傘姿の行商のおばちゃんは、ついトイカメテイストに加工してしまう。
 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カルデラの放流口 [石・土・水・地球 Solid-Earth Lan]

DSC_6217fb.jpg
 
写真をクリックでフリッカーにとびます。
 
しばらくベトナムでのグルメ?とその道中の風景が続いたので、
また、昔の撮影分を挟みます。
 
今回は、ベトナム内辞の直前、
子供が出来て以来、初めての夫婦二人旅の時のもの。
とは言っても、何か有ったら、直ぐに帰れるよう、
家から片道2時間未満の阿蘇の入口付近。
まぁ、奥さん的には、暴れん坊の娘達から離れて、
宿でゆっくりと出来れば、どこでも良かったのでしょう。
 
で、タイトルに関する、、、久しぶりの薀蓄。
 
御存知のように、広義の阿蘇は、日本最大、世界でも有数のカルデラに特徴付けられる。
この巨大なカルデラと言う入れ物に降った雨は、
地中に浸み込む以外は、全て阿蘇谷を流れる黒川と南郷谷を流れる白川に集約される。
この合流点が今回泊まった南阿蘇村の立野付近になる訳だが、
ここが唯一の水の出口となる。
 
普通、広大な山地に降った雨は、ほぼ360°あるゆる方向に分散して流れる。
だkら分水嶺と言う言葉が有る。
九州と言う大きな島のほぼ中心である阿蘇に関しては、ちょっと違う訳である。
勿論、外輪山に降った雨は、360°分散するのだが、
巨大なカルデラに降った雨は、 全てこの出口に集中し、
白川を伝い、熊本市街地に押し寄せる訳である。
 
数鹿流滝は黒川の、鮎返滝は合流前の白川の最後の段差である。
どちらも、溶岩の亀裂である節理面を流れ落ちる滝であり、
写真のように柱状節理が発達しているので、
どんどん崩れて後退しているらしい。
 
世界Geo Parkに指定されている阿蘇だが、
勿論今なお噴煙を上げ、最近また噴火した中岳に注目が集まるのは最もだが、
自分的には、この立野付近が醍醐味ではないかと思っている。
 
調子に乗って長くなってしまいました。 
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ハノイ散歩 [Viet Nam Scenery]

P1030321+10C15BL35b.jpg
 
写真をクリックでフリッカーにとびます。
 
今回も、ここ最近のパターン通り、レストランへの道中の写真。
ただ、前2回とは異なり昼間なんで、
当ても無くじゃ、良い風景に出会えないと思い、
歴史上の英雄であるHai Ba Trung (チュン姉妹)の名を冠する小さな湖とお寺に出かけました。
 
湖も寺も、まぁまぁかなと言った感じでしたが、
それより、その後レストランに向かう道中に通りかかった
名も無い(どのMapにも記載が無い)市場でのアヒルと鶏達が印象的でした。
籠に詰め込まれた生きたアヒルはよく見かけるのですが、
ここのは市場だけあって規模が違いました。
 
フリッカーにはアップしませんでしたが、
籠の上に乗っかって偉そうにしている鶏がまた印象的だったので、
追加で下に載せときます。 
 
P1030320-05C21fb.jpg 

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

WINE BAR [Gourmet & Indoor]

P1030323C18Sa13b.jpg
 
P1030326C19Sa40b.jpg
 
P1030328Hadairob.jpg 
 
ワインを飲みたいけど、お一人様でレストランに行っても、
ボトル1本はさすがに不可なので、グラスワインと言う事になってしまう。
でも、大概のレストランはグラスワインにはチョイスが無い場合が大半。
 
そこで、ワインバーを探していた折、
日本人向けフリー地図に掲載されていました。
でも、残念ながら場所が自分の行動範囲からちと遠く、
タクシーで行くのもなぁ~と思っていたところでした。
 
先週日曜の昼のレストランを上述のフリー地図で探す際、
ワインも楽しめる西洋料理の店がホテルから近かったので訪れてみたところ、
なんと上述のワインバーと姉妹店でした。
 
まぁ、ここはワインバーを名乗っている訳では無いのですが、
店の前半分がワインセラーとなっている位なので、
目的達成かも。。。
 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。